アラフォーともなれば横浜のデリヘルまでスマートに通う

癒しを求めて横浜のデリヘルに通うようになったのは、アラフォーになってからですが如何に紳士的に振舞うかは重要な課題であります

横浜のデリヘルの客層はとても紳士的だという噂

アラフォーと呼ばれる中年にさしかかってきているオヤジたちよ、横浜のデリヘルに通うのであれば絶対に『こじらせ』てはいけない。なぜならば、横浜のデリヘルを利用している客のほとんどはとても紳士的であるからだ。ちょっと間違えたイタい中年のレッテルを貼られてしまえば、問答無用で出入り禁止のブラックリストにデカデカと名前が載ってしまうことをお約束します。
そもそも横浜のデリヘルで働いている人は、男性従業員もキャストも非常に洗練された人が多いのである。そういったところを利用するのであればモラルをしっかりと守れるタイプの人間が好まれるというのは絶対条件とも言えることであります。古くからデリヘルの歴史があり、働いている人たちもハイレベルな接客をするよう心がけているというところからも意識の高さは伺える。このように横浜のデリヘルを堪能としようと思うのであれば、自ずと利用する側も優良な客であろうという高い意識が芽生えるのである。当然、職場でも嫌われてしまうような人間はお店側も良い顔はしないということはご理解いただけるかと思う。
こんな私もデリヘルデビューは40歳の誕生日を迎える少し前からという、遅咲きのタイプである。しかし、一度横浜のデリヘルの虜になってからは浮気もせずにせっせと通っているのであります。お陰様で、店舗の従業員とも顔見知り(電話のみの関係なので声見知り?)となり、電話口で名前を名乗れば『いつもお世話になっております』という常連の扱いをしていただいているのです。そんな横浜のデリヘルで働く従業員の方から拝聴しました、イタい中年について。

横浜のデリヘルにくるこじらせオヤジ

人生の折り返し地点にさしかかってきた40歳前後の中年。テレビに映るアイドルは皆同じ顔に見え、部下の名前を言い間違え、最近の流行りなんでてんで分からない。そんな中でもさらに上をいく他人にはただ『イタい』と映るだけのオヤジには特徴がある。
横浜で働いているデリヘルの女性たちは当然自分より若い子が多い。そこで流行りに必死についていこうと無理な若作りをしていると完全に白い目で見られます。もちろん職場でも女性陣には影で『勘違いオヤジ』のあだ名をつけられていることでしょう。
年長者は年の功、若者はまだまだ未熟だとハナから決めつけている完全に上から目線のオヤジ。特に横浜で働くデリヘルの女性たちからは非難の嵐。確かに、知識も人生経験も豊富かもしれませんが間違っても女性に対して『なぜこんなところで働いているんだ、悩みがあるなら聞いてやる』といったスタンスを取ってしまおうものなら次回の利用は永久にできないでしょう。
こうしたイタいこじらせ中年は横浜のデリヘルでNG客になってしまうのも、職場の誰からも相手にされなくなるのも気づかないのは当の本人だけだったりするものです。
今後、デリヘルを利用したいと思っているのであれば、こうしたことに気づいていけてこそ紳士的な利用客であるといえるでしょう。
抱きたいと思える好みの女性を探すのに横浜のデリヘル風俗情報が便利ですね。

公開日:
最終更新日:2016/03/01